顔ハメタイムズ

顔ハメ目的で、お出かけしてみない?

MENU

大規模改修のため長期休園中!板橋区立こども動物園の復活が待ち遠しすぎる!《東京都板橋区》

個人的に悲しいニュースが入ってきました。

まずはこちらをクリックしてご覧ください。 

 

www.city.itabashi.tokyo.jp


 

上のリンク先を読んでみると

 

こども動物園(本園)は大規模改修のため長期休園中です

こども動物園(本園)は大規模改修のため、平成30(2018)年7月2日から平成32(2020)年夏ごろまで長期休園いたします。

 

とのこと。

 

板橋区立こども動物園。

板橋区民でもなければ住んだこともないけれど、ぼくはこの場所が大好きでした。

ここは無料で入れる動物園で、公園と一体型になっているので板橋区民の憩いの場でもあります。

 

f:id:kaohame23:20180710021904j:plain

入り口。無料だからか、近所のちびっ子がキックボードでそのまま突入していく姿も多々見られた。

 

モルモットやウサギなどの小動物や、ウマやヤギなども飼育されていて、無料だけど十分楽しめるんです。

 

f:id:kaohame23:20180710021859j:plain

顔ハメツアーイベントでも去年訪れた。

 

f:id:kaohame23:20180710021840j:plain

フラミンゴもいるぞ!

 ふれあい体験もあるので、この辺りに住む子供たちにとって気軽に動物とスキンシップを取りながら学べるというのはとてもグッドですよね。

  

動物園というとある程度気合いを入れて行かなくちゃみたいなところがあると思うんですが、この動物園は近所の公園に行く感覚で「お散歩ついでに立ち寄る!」みたいな楽しみ方ができるのも魅力。

 

f:id:kaohame23:20180710021817j:plain

イベント参加者(5歳)とすべり台で豪遊するワタクシ。

 

そしてそしてなんと言ってもこの動物園の顔ハメ看板は秀逸でっせ。

そもそも「動物園」自体、顔ハメ看板が高確率で設置されやすいスポットです。

 

断言しちゃうとぼくは都内の動物園のなかで、この板橋区立こども動物園の顔ハメ看板が一番好きです! 

 

なんの動物にも顔をハメさせない!

f:id:kaohame23:20180710183829j:plain

たくさんの人が顔をハメてきたんだろうなぁ。感。

 

ウサギでもウマでもヤギでもない、謎の空白部分に穴が開けるというユニーク仕様に、「みんなともだち」というメッセージ性。

さらに設置されている場所も…

 

f:id:kaohame23:20180710021825j:plain

設置場所の、妙!

 

動物園の目立つところではなく、事務所のとなりにひっそりと設置されている感じもこちらの興味を最大限にそそってきます。

 

f:id:kaohame23:20180710021807j:plain

そして看板の裏表に2枚ずつ取り付けてある板の理由を知りたい。


 ここを初めて訪れた際、ぼくはひとりでした。

平日の午後3時。

ひとりでこの顔ハメ看板と出会い、大興奮。

 

f:id:kaohame23:20180710021937j:plain

穴の奥から見る園内もまた、のどかで。

誰もいないなか、ぼくは鼻息を荒くしつつ三脚をセットしました。

そしてセルフタイマーをかけ、穴に顔面を!!!

こうして撮影した顔ハメフォトがこちら。

 

f:id:kaohame23:20180710021851j:plain

信じられないだろ?ひとりで来ているんだぜ、これでも。

おひとり様なりに動物園を大満喫したあと、この看板に顔をハメたわけなのですが

「みんなともだち」

というパワーワードに助けられ、ご覧の通りおひとり様とは思えないフルテンションの顔面でハメることができました。

 

そのときの感動と興奮が忘れられず、去年開催した顔ハメツアーイベントでここを訪れてガイドして参加者に魅力をお伝えしたんです。

絶対にここは楽しい。

そんな確信があったので。

 

●復活をたのしみにしてるぜ

そんなわけで2020年ごろまで充電期間に入る板橋区立こども動物園。

改修後、果たしてあの顔ハメ看板があるのかは分かりません。

 

それなりの年季を感じたので、ひょっとしたら無くなっちゃっている可能性も十分にあります。

だとしたらもうあの看板に顔をハメることはできません。 

 

ずーっとあるように見えるけど、サヨナラも言わずにいなくなってしまうのが顔ハメ看板でもあります。

だからこそ、毎回その場所を満喫した上で顔をハメるようにしているのですが、それでもいざもう会えないかもしれないと思うと寂しい。

改めて顔ハメ看板の諸行無常な感じを突きつけられる一件です。

 

f:id:kaohame23:20180710184540j:plain

改めて「一ハメ入魂」ですな。

とはいえ、復活後の板橋区立こども動物園には絶対行きます。

たとえ顔ハメ看板があっても、なくても。

 

もしも顔ハメ看板がなかったら

 

「ぼくに作らせてください!」

 

とお願いしに行こうかな。

もはやこの動物園の思い出づくりに参加したい欲が芽生える、ぼくでした。

 

 板橋区立こども動物園

03-3963-8003

東京都板橋区板橋3-50-1東板橋公園内

都営地下鉄板橋区役所前から徒歩10分

※2018年7月2日より大規模改修工事中