顔ハメタイムズ

顔ハメ目的で、お出かけしてみない?

MENU

顔ハメ看板にハマって良かったと心から思える4つのこと

どうも、顔ハメ兄さんです。

2018年も下半期に突入して、相変わらず顔をハメまくる毎日を送っております。

顔ハメ看板を好きになって、のめり込んでからというもの、良かったなぁと思うことがたくさんあります。

 

今回はそんな顔ハメ看板にのめり込むと起こりうる4つのメリットについてお話します。

「顔ハメ看板のすすめ」であると同時にこれはもしかしたら「何かにのめり込むことのすすめ」なのかもしれません。

 

《顔ハメ看板にのめり込むと起こりうる4つのメリット》

①社交的になった

②いろんな世代の友達ができた

③地図に強くなった

④???

 

それではひとつずつ見ていきましょう!

 

①社交的になった

f:id:kaohame23:20180705000534j:plain

こんな自分、これまでの自分からは想像がつかない。

 まず大きく変わったのはコレ!

ぼくは元々かなりインドア派の人間でした。

基本的に休みの日はずっと家のなかでテレビやYouTubeを観ながら過ごすだけの日々。

 

おまけに元々シャイなところがあるので、仲良くなるまでに時間がかかる。そのくせ誰からも嫌われたくなさすぎて当たり障りのないようなことしか言えず、結局踏み込んだ付き合いができる人がなかなかできずに苦労しました。

 

しかし、顔ハメ看板を溺愛するようになってからは一変。

好きなことに素直になった結果、まず人間関係がめちゃくちゃシンプルになりました。

 

「何やってんのこの人?」と白い目で見る人もいましたが、逆に「楽しそうなことやってんじゃん!」と近づいてくれる人もたくさんいました。

 

もちろん中には「悪い意味で意味不明!」とか「これいつまで続けるの?」とか言う人もいますが、そんなことを言われても全く嫌な気持ちにならなかったんです。

 

f:id:kaohame23:20180704234245j:plain

そりゃあ「顔ハメ看板が好きで全国を巡ってるよ!」って言って理解してくれる人のほうがレアに決まってる!

 

意思表示をハッキリとさせた分、そんな自分に近づいてくれる人とはけっこうな確率で仲良くなりやすいのでドンドン人間関係がシンプルになっていくような気がします。

 

そして、1人でまちを歩いているときに看板を発見することも多いので、その場合は必ず道ゆく人にお願いしなければなりません。

 

その際に恥ずかしくて声をかけられずにいたり、せっかく声をかけたのにモジモジしていては良い顔ハメフォトは撮れないのです。シャイボーイになっている場合ではないのです。

 

f:id:kaohame23:20180705004638j:plain

やり口はけっこうナンパに近いのかもしれないよ!

 

とはいえまだまだモジモジしてしまったり、人見知りを発揮してしまう場面は多々ありますが、顔ハメ看板という「ホーム」がある分気持ちは全然楽なんですねぇ。

 

 

②いろんな世代の友達ができた

 

f:id:kaohame23:20180705000027j:plain

ぼくの股下に許可なく顔をハメようとしてくる2人の友達(5歳)。

 

若干の社交性を手に入れたぼくは、ここ数年で急速にいろんな世代の友達ができました。 

顔ハメ看板に関するイベントを開催するようになってからはさらにその傾向がブーストされたみたいで。

 

 

f:id:kaohame23:20180705000524j:plain

顔ハメミステリーツアーの様子。

 

はじめは

「単に顔ハメ看板の楽しさを知ってもらって、友達を増やしたい!」

という超なんとなくな理由で開いてみたイベント。

 

ですが、思ったよりもたくさんの人たちが参加してくれたり

年齢層もちびっ子や自分よりもうんと年齢が上の方まで参戦してくれたりして、明らかに対応する人の幅が広がっていきました。

 

たぶん、これが顔ハメ看板に関係のないことだったら緊張しまくって、変な気遣いばかりしてしまっていたと思います。

しかし

 

「顔ハメ看板の楽しさをシェアしたい!!マジで!!」

 

という我ながらあまりにもピュアな欲望の下動いている分、来てくれた人に対してはそれはそれは真っ直ぐな気持ちで接することができるんです。

 

f:id:kaohame23:20180705195732j:plain

よく思われたいというより、顔ハメ看板のことを好きになってほしい!頼む!みたいな。

 

ぼくのことを見た瞬間飛びついて来てくれるちびっ子もいますが、こんな光景は好きなことに対して素直じゃなかったら絶対にあり得ないことでした。

 

 

③地図に強くなった

f:id:kaohame23:20180705000730j:plain

地図もロクに読めない男でしたわ。

 

ぼくは鹿児島生まれ鹿児島育ちです。

小さいころからそこそこの大自然に囲まれて育ったぼくが上京した初日は、もう頭のなかが完全にてんやわんや。

 

どの電車に乗ればいいか分からない

降りても目的地が分からない

Googleマップ見ても今自分がどっち方面を向いて存在していて、この後どこに行けばいいか分からない。

 

もう絶望的な方向音痴でした。

そして上京してからも引きこもりがちなぼくは当然「道」を覚えません。覚える機会がありません。

しかしそれも顔ハメ看板にハマってから、少しずつですが改善してきました。

 

ぼくはいつもSNSで調べた顔ハメ情報をGoogleマップにピンを立てることによって自分だけの顔ハメマップを作成し、それを基に旅に出ています。

 

f:id:kaohame23:20180705200558j:plain

グーグルマップはピンだらけ!

 

はじめは地図が全く読めませんでしたが、年間500枚以上の顔ハメ看板を制覇していくとどんな人でもそれなりに読めるようになってきます。

 

今でもたまにミスはありますが、頻度は確実に激減しました。

顔ハメ看板ってけっこう訳分からないところにあったりするので、地図を読む能力がめちゃくちゃアップするんですよ!

 

この能力は顔ハメ巡りだけでなく、普段目的地に行く際などいろんなシーンで役に立ちますね。良い能力を身につけました、ほんと。 

 

④鹿児島に住む6つ下の妹が東京へ来た際に、兄として大都会をカッコよく案内できた

 

個人的に一番よかったと思ってるのは絶対にこれ!!!

この時点でなんとなくお察しかと思いますが、ぼくは重度のシスコンです。

2つ下と6つ下に妹がいて、2つ下は年齢が近いせいかよそよそしい場面も多々あるんですが(とはいえ仲が悪いわけではなくむしろ仲は良いよ!)、6つも下となるとお兄ちゃんとしてめっちゃ頼りがいがあるように振る舞いたくなるんです。

 

f:id:kaohame23:20180705000821j:plain

とにかく役に立ちたいんだよ。兄として。

 

そんな6つ下の妹は現在鹿児島に住んでいるんですが、この間東京へ遊びに来てくれました。

しかも「お兄ちゃんの家に泊まる!」とか言い出すので、もう全力で妹に楽しんでもらえるようなプランを考えた兄。

もう顔ハメ兄さんではなく、フツーの兄さんとしての気合を入れます。

 

そして今までであればネットの口コミを頼りになんとか妹とのデートコースを考案していくわけですが、今回は違いました。

 

f:id:kaohame23:20180705001510j:plain

ひと味違った兄貴がここに。

 

考え始めると妹の大まかな希望に沿ったコースがスイスイと出てくるではありませんか!

顔ハメ看板巡りで本当にいろんなところに行きまくった分、それがそのまま引き出しとして自分のなかに蓄積されていたんです。

 

もちろんネットで調べたところも多々ありましたが、生きた経験を基に作ったデートコースは正直厚みが違います!!!!

 

最後、妹に

 

お兄ちゃん、楽しかったー!

 

と言ってもらえたときはもうシスコン冥利につきましたなぁ。

(ここまで全面的に気持ち悪くてすみません)

 

なので世のシスコン、ブラコンの皆さん方々はもれなく顔ハメ看板を溺愛したほうが良いですよ!マジで!!

 

 

まとめ「顔ハメ看板に限らず、好きなことを見つけるのはたぶん良いことだよ!」

f:id:kaohame23:20180705202138j:plain

 

顔ハメ看板にハマって本当によかったです。

ていうか顔ハメ看板に限らず、何かにハマることって意外と大切なことなんじゃないかなと思います。

 

元々、これをどう展開していこうかとか、そういった「後先」のことは一切考えずになんとなくハマった顔ハメ看板。

でも何かにハマるってそんなものだと思いますし、好きなことにグイグイ没頭していくのに情熱大陸へ出るようなカッチョいい理由なんていらないわけです。

 

そしてハメればハマるほど、またどんどん野望が芽生えてくるのが顔ハメ看板です。

顔ハメ看板に何ができるんだろう?

どんな場所や時間をつくれるんだろう?

 

もっともっと顔ハメ看板にハマっていくために、これからもこんなことを考え続けたいと思っています。

 

最後に、そんな顔ハメ兄さんがこの夏「顔ハメ看板の楽しさ」を全力でお伝えするイベントをやるのでお知らせします。

 

ハメ外し!真夏の顔ハメ古民家パーティー2018!

f:id:kaohame23:20180706123226j:image

日時:8/26(日)13:00集合(17:00ごろ終了予定)
集合場所:西武新宿線鷺ノ宮駅集合(その後移動して古民家へ!)
参加費:大人2500円、子供(小学生以下)500円

内容:西武新宿線鷺ノ宮駅にある古民家『cominka 若宮荘』にて
①流しそうめんでワイワイ
②かき氷つくって食べてワイワイ
③みんなそれぞれ『絵日記顔ハメ看板』をつくってこの夏の思い出をふりかえりつつワイワイします!

※参加したいお友達は8/24(金)までにnagagayoshi@gmail.comかお問い合わせフォームまで名前と人数を書いてメッセージしてください。

尚、古民家の広さの関係で、締切日に関係なく15人で締め切らせていただくのでお早めに。

それと、こちらで流しそうめんなど簡単な食べ物と飲み物は準備するけれど、顔ハメお花見パーティー同様持ち込みは大大大歓迎です。
みんなで楽しく流しそうめんやらかき氷をしながら、この夏の思い出を絵日記タイプの顔ハメ看板にしたためましょう!
ではではたくさんご参加、お待ちしてます。